流行に遅れたくない人必見!洋服レンタル!

レンタルサービスのデメリットは?

取り扱っているブランドの制限

みなさんがお店に服を買いに行こうと思ったとき、一つのお店だけを見に行くということはありませんよね?
たくさんのファッションブランドが入っているビルに行ったり、自分の好きなブランドのお店にわざわざ出かけると思います。
つまり、欲しいものは探しに行けばあるという状態なわけです。
しかし、レンタルとなると、そのサービスが取り扱っているブランドの中に自分の好きなブランドがあるとは限りません。

また、標準的な体型の方なら問題ありませんが、普段服のサイズが標準より大きいものや小さいものを着ているという方だと、似合うアイテムが見つかるとは限りません。
選べる選択肢が少ないとこのようなことはありがちなので注意する必要があります。

新品ではないかも?その他にも…

レンタルは、借りたらその後全て返却しなければいけないということをお話しました。
つまり、その服を他の誰かが借りて着るかもしれないということです。
ということは、あなたが借りようと思っている服も以前に誰かが着たものを着ることになるということです。
クリーニングをしてあるとはいえ、気になってしまう人は利用を避けた方がいいでしょう。

また、月額制のサービスということは、毎月6000円前後の洋服代がかかります。
そして、気に入った服があれば購入も可能ですので、これに購入代金も加算されます。
洋服を買う月もあれば買わない月もある、またはお金がないときには洋服代は節約するという人にとっては、負担に感じてしまうかもしれません。